★学校教育目標
 ひと、自然、ものとのふれあいを大切にし、思いやる心と自ら考える力を養い、健康でたくましい心身を育てる。

<具体目標>


○心ゆたかな子(徳) 「笑顔いっぱい」
・明るく潤いのある交流と協力をはぐくみ、自然やものを慈しみ、いとおしむ人間性豊かな児童を育てる。
○よく考える子(知) 「力いっぱい」
・自ら学ぶ意欲を持ち、学ぶ喜びや成就感を味わうとともに、自分の考えを表現し自他の立場を理解して主体的に行動する児童を育てる。
○たくましい子(体) 「元気いっぱい」

・行動力に富み、心身ともに健康で生命力にあふれる児童を育てる。
○学校を誇れる子(情) 「自信いっぱい」
・有鹿小学校の歴史と伝統を大切にし、自分もまたその歴史をつくる一員であるという意欲と誇りを持つ児童に育てる。
トップページに戻る
★学校経営方針
 〜生きる力をはぐくむ学校づくり〜

<努力点>

 
「児童とともに生きる教育のあり方」を求め、その実践をめざす。

○教師と児童、児童相互の好ましい人間関係の育成
○全職員が全児童の担任
○指導は「やさしく」、躾は「厳しく」、学校は「楽しく」
○地域に根ざした特色ある教育活動の推進と開かれた学校

(1)学年・学級経営の充実に努め、学校教育目標の具現化を図る。
・教育活動の基盤は学年・学級である。学年・学級経営に当たっては、相互の緊密な連携と協働を重視し、児童の理解を深め、一人ひとりの可能性を最大限に伸ばすよう支援に努める。
・学校教育目標を基準において、あらゆる教育活動を計画・実施・評価していくとともに、「ひびきあう教育」の視点から創意工夫をし、特色ある教育活動を通して学校教育目標の具現達成に努める。
(2)児童指導、特別支援教育等の推進に努め、心の教育の充実を図る。
・児童指導に当たっては、人権尊重の精神を基盤として一人ひとりの児童理解に努め、常にその児童にあった、きめ細かい指導に努める。
・教育活動全体を通じて、児童の発達段階や教科等の特性に応じ、思いやり、やさしさ等の豊かな心を持ち、たくましく生きる児童の育成を図るとともに、生命尊重の心を育てる。
・多様な体験活動を通して、道徳的心情を豊かにし、正しい判断力と実践力を培い、主体的に行動できる児童の育成に努める。
(3)学習指導を充実し、確かな学力の定着と向上を図る。
・学習指導に当たっては、基礎的基本的な知識・技能の修得とともに、その活用をはかる学習活動を重視し、主体的に学習に取り組む態度の育成につとめる。また、言語活動の充実を図る。
・指導内容の不必要な重複および重要な指導内容の欠落がないよう配慮する。
(4)児童の健康維持・体力増進に努め、健康・安全教育の充実を図る。
・基本的な生活習慣の習得に努めるとともに、保健安全体育的活動の充実を図り、健康で安全な生活の実践力を高める。
・学校施設・設備の安全管理及び環境美化・衛生管理を徹底し、安心して学べる環境づくりに努める。
(5)家庭や地域との連携を図り、信頼される学校づくりに努める。
・保護者の願い、 地域の声を正しく受け止め、 学校の教育方針を保護者や地域に説明し、理解と協力を得ながら学校教育の推進を図り、開かれた学校を目指して努力する。
・家庭や学区・地域との緊密な連携に努めながら、信頼関係のもとに地域に根ざした教育活動を展開する。
・全教職員が組織体の一員として個々の特性を発揮して研修と研究に努め、統一ある学校経営を図る。

<具体的な取り組み>

(1)「ひびきあう教育」の推進 (教育活動)

・児童の人権を尊重し常に公正・公平を期し、豊かな人間関係を育成する。
・基礎的基本的な学習内容の定着を図り、楽しくわかる授業を実施する。
・問題解決的学習や体験学習を取り入れ、自ら学ぶ意欲・学力を育む。
・児童理解に努め、個に応じた指導の充実を図り、児童個々の可能性を伸長する児童指導活動のあり方を追求する。
・家庭学習の定着と習慣化を図り、自己実現の喜びを味わわせる。
・鼓笛活動を通じた「ひびきあう活動」の充実 
・児童の健康維持・体力増進の意味から、休み時間の活動の充実を図り、より健康でたくましい児童の育成に努める。
・ひびきあう教育の日常化をめざす。
・ノーチャイムによる日課運営、縦割り清掃の実施等、従来より行われてきた活動の意義をよく理解し、その充実、発展を図る。
・交通安全指導の徹底を図り、児童の交通事故防止に努める。
(2)「ひびきあう教育」の実践研究 (研究・研修活動)
・体育科の校内研究をとおして、教師と児童、児童と児童がひびきあう授業づくりを探求し、進んで取り組み学びあう児童の育成に努める。
・年間指導時数を的確に把握し、各教科の年間指導計画の改善に努めるとともに、週の指導計画を練り上げ、本時目標及び学習活動と内容を明確にして、授業の改善・展開に努め、確かな学力の向上を推進する。
・「総合的な学習の時間」の実践を通して再度全体計画を見直し、ねらいに即した学習活動を展開するとともに、適切な評価に努める。
・新教育課程について理解を深め、円滑な移行・先行実施に努める。
・児童指導・特別支援教育の体制や支援のあり方について研究し、充実を図る。
・学校の教育活動全体を通して体育・健康・安全に関する指導を一層推進する。
(3)「ひびきあう教育」を支える活動 (その他の活動)
・「有鹿っ子の約束」を再確認し、指導の徹底を図る。
・学習環境の整備と、校舎、校庭の美化衛生に努める。
・新たな学校運営組織を充実し、学校運営に対する教職員の参画意欲を高める。
・学校と家庭、PTAや地域関係団体との連絡を密にする。
・児童の学校内外における安全確保の指導、並びに地域との連携を図る。
・海西中学校区三校連絡会の充実に寄与する。
・地震防災訓練の連携・徹底を図る。 
トップページに戻る
Copyright (C) Aruka Elementary School, All Rights Reserved.